.

実機で試してきました!


いやー、あっさり動きましたねー、・・・なんてこともなく。

・大きい物体にテクスチャをはるとシェーダーがばぐる
・NDataの古いバージョンはUnity4とiOS6の組み合わせでクラッシュする
・NGUIの拡大表示は実機とシミュレータで表示が異なることがある
・何も描画していない領域はゴミが残るので黒塗り背景を置く
・サウンドはDecompressed on loadにしないと鳴らない
・Application.targetFrameRate で明示的にFPSを設定しないと30FPSで動く

実機手強すぎる。たっぷり10時間ははまってきました。
しかしひとまずこれで先に進めそうです。

.

僕のPC、ブートキャンプでMacとWindows使えるようにしてて、
基本はWindowsしか使わないんだけど、
今日はMacのアプリが必要だったので一日中Macでした。
やっぱりWindowsよりはるかに快適ですね。

実機ビルドが時間かかるので、待つ間にカンフーマックって本を読んでたんだけど、
いろんな便利な技があるんだなーと。MissionControlって機能が便利すぎる。
しばらくクンフーを積んできます。

4 件のコメント “Unity6”
  1. d-a より:

    Pro購入ですか?

  2. さば缶 より:

    >d-a さん
    iOSのBasicだけ買ってきました。
    そのあとすぐに30日体験版を使えばよかったなーと。
    Proはゲームつくれそうかなと思ったら買おうと思います。ほしいですねー。

  3. 泣く大臣 より:

    テスト機でうまく動くーと思いながら実機でやるとうまく動かないものなんですよね。
    マルチプラットフォーム対応というのは実機の癖がどうしてもあるから、
    疑ってかかるようにしています。
    機種依存が最も至難であることは変わりないでしょうね。
    でも、経験値を積んでおけば、実際の現場とかでも、
    それほど苦労することが無くなると思いますよ。
    それにしても、そろそろPro購入でもいいのではーと思いますが…。

    それにしてもMac使いやすいのですかー。
    使いやすい機能と技を習得すると、
    もっと快適になるものだなーと実感はしているんですけど。
    私、Windows関係しかやってこなかったのがバレバレだ…(汗

  4. さば缶 より:

    >泣く大臣さん
    Androidはもう滅びろと思うくらい機種依存が激しいけれど、
    iOSの方は、ひとつで動けばあとはそんなにかわらないのでまだ楽ですね。

    Pro版はもうちょい安ければ即買いなんですけどね、
    今月はいろいろ買っちゃったのでもう少し様子見で。

    Mac使いやすいですねー。
    会社のメインPCがMacで全然使いこなしてなかったときは使いづらいなーって思ってたけど、
    いろいろ技を知ると快適に!
    一家に1台どうぞっ。iPadもよろしく!

  5.  
コメントする