.

ひま見てちょっとずつお勉強中。Unity4にバージョンアップしてみました。
新機能のほとんどはいらないんだけど、
コンポーネントのコピペ機能だけは超絶に助かりますね。
なぜ今までこれがなかったんだというぐらいに。

.

そして2Dのコンポーネントの使い方はだいたいわかってきました。
ステータス表示部分はリストコンポーネント使えば楽チンでしたね。

iPadの横向きを想定してるので、全部タッチ操作です。

移動方法として、真ん中タッチしたら進んで
左右タッチしたら向き変えとかやってたんだけど、
操作量多すぎてめんどくさかったのでよくあるジョイスティックのやつを導入しました。

画面のどこ押しても出現して移動できます。
PC上では思ったよりもやりにくかったんだけど、実機ではどうかなー。
まだ実機に書き出せるPro版を購入してないのでわかりません・・・。


イベント機能もスクラッチからカキカキ。
イベントを記述したテキストファイルを読み込んで実行するところまでできました。
ついでにシーン切り替えもお勉強ついでに導入。

またブログにアップしようとしたんだけど、
Web書き出しがなんかうまく動作しなくなりました。うむむ。

4 件のコメント “Unity3”
  1. 名無し より:

    すごい進化してる!
    どんな感じなのかプロジェクトの中を覗いて見たいです。

  2. さば缶 より:

    >名無しさん
    ありがとうございますー! 名無しさんもUnityで遊んでらっしゃるのかしら。
    お勉強用プロジェクトなので僕もプロジェクトごと公開したいぐらいなんですが、
    いくつか有料Asset入れちゃってるのでできないんですよね・・・。
    しかしAssetStore見るのはすごく楽しいですね!

  3. sanpe より:

    リョウコ「では第一問、狩猟用黒色火薬の原料および配分比は?」

    リオ「たしか……炭と硫黄と、カリウムだよね?
       配分比は炭と硫黄が10~20%でカリウムが60~70%、だったと思う」

    リョウコ「ハズレです。脱いでください」

    リオ「え~~!? そんなルール聞いてないよぉ!」

    リョウコ「今思いつきました。何かしら罰があった方が
         身が入ると思いましたので」

    リオ「それは……うん、一理あるかも」

     シュ……(ブレザーを脱ぐ)

    リオ「これでいい?」

    リョウコ「はい。では第二問、ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルが
         発明したものは──」

    リオ「ダイナマイト」

    リョウコ「ですが、次のうち存在しないノーベル賞はどれでしょう?
         1.化学賞
         2.数学賞
         3.物理学賞
         4.医学生理学賞」

    リオ「フィフティ・フィフティ」

    リョウコ「そんなサービスはありません」

    リオ「……だめ?」

    リョウコ「……こ、今回だけですよ?
         はい!
         2.数学賞
         4.医学生理学賞」

    リオ「う~~~ん、それじゃあ4で」

    リョウコ「ファイナルアンサー?」

    リオ「ファイナルアンサー」

    リョウコ「……………………残念でしたね。脱いでください」

    リオ「うう……」

     シュル……(スカートを脱ぐ)

    リオ「こ……これでいい?」

    リョウコ「上出来です。では第三問──」


    ……とゆー感じの内容を妄想してしまったのですがどうしましょう?

  4. さば缶 より:

    !!!!
    最初は気づかなかったけど、「テスト」かっ!
    ありきたりなデバッグ文からなぜか神展開が!!
    ありがとうございます、保存保存・・・。

    ブレザーの次にスカートぬぐところがいいですね、
    Yシャツ+下着は萌えポイントであります。

  5.  
コメントする