“ゲーム制作” カテゴリのアーカイブ

.

VXAceのキャラクタージェネレータで作ったやつを改変してタマちゃん。



でもこれってジェネレータの素材つくれば直で書きだせるんじゃないかと思ったので、
勝手にRPGVXAce\Generatorにファイルつっこんで作ってみた。もちろん改変だけど。


お、いいんじゃないでしょうか。

ところでVXAceのジェネレータ素材とか配布してるとことかあるのかな。
顔グラは使い物にならないけど、ホコグラはかなり使えると思うんだ!

Comments 4 コメント »

.

最近環境をいろいろいじってて、なかなかいい感じになってきました。

 

■スクリプト差分の管理

スクリプトはばぐるので、
どこでばぐったかを調べるのに差分をチェックできるとすごく楽です。
でもツクールのスクリプトはScripts.rvdata2にまとまってて差分がとれません。

しかしCACAO SOFTさんのところのScripts.rvdata2をテキストに変換する神ツールを使う
とうまくいくことを知りました。すごい!

一回テキストに変換したら以後はテキストファイルを更新していくと、
バージョン管理システムで差分をとれます。
差分は例えばこんな感じでみることができます。便利!

 

■エディタ

ずっとAptanaStudioを使ってたんだけど、
RubyだとIDEの恩恵があんまりないので乗り換えました。
乗り換え先はSublimeText2です。
軽くて使いやすいエディタですね!


比較しながらかけるし、ショートカットの登録も自由自在だし、全検索の結果も残るし、左にファイル一覧もだせて使いやすいです。

Shell Turtlesteinってプラグインを入れると
外部プログラムを実行するショートカットキーとか作れるので、
↑のツールをエディタから実行できます。

なのでスクリプト書いたらぺしってショートカットキーを押して
Scripts.rvdata2を構築して、ついでにGame.exeも起動して
即で確認できます。うーん、便利。

 

■そのほか

ツクールのテストプレイのときは回想領域さんのところの自動ニューゲームを使ってます。
そして自動実行のイベントですぐテストプレイ! 便利!

Comments 2 コメント »

.

今度はランダム生成ダンジョン使っていろいろ試し中です。
なかなか難しいですね。

まあそんなことはどうでもよくて、
どうしてもボクっ娘を出したいのでこっちも試し中。

主人公を赤髪ポニテから変更したのでこっちをポニテにしてみました。
スカートじゃなくするとなんかそれっぽくなるんじゃないかと思ったけど、
よく考えたらゲーム中では腰から下は見えないのでした。

※後輩その2を解雇予定ですっ

 

Comments 4 コメント »

 

.

いろいろと試してたんだけどやっぱりよくならないので、大部分作り直し。
前作(ブルーバレット)と全く違うコンセプトで行こうとするのはやめました。
その辺のこだわりはゴミ箱へ。

ランダム生成ダンジョンと、月紳士さんのところのアクターインベントリをメインに作ってます。

アイテムの所持数に制限をつけられるとなると、いろいろできますよね!

オマケ

主人公はやっぱり、もっとヘタレでなめられる感じの方が好みなので変更します!
特技もないうんこみたいなキャラがラストに強くなってる方が燃えますね。
※胸もやっぱりいらなかったです

.


塗り方が決まってきたせいか、塗るの早くなってきた!
2時間ぐらいで終わりそう。

.

8/13
仕上げまで終わり。胸の校章だけはなんかめんどくさいので後回し。

やる気でてきた!

Comments 4 コメント »

.

みなさま、テストプレイありがとうございます!

正直こんなにコメントもらえるとは思ってませんでした。
今思い返すと、ブルーバレットつくってた時も何回もアップして、
そのたびに毎回厳しいコメントもらって修正してたような記憶があります。

全然できてないゲームのために時間とってもらってコメントまでもらって、
ありがたいというか申し訳ないというか。
もうちょっと完成度高ければ申し訳ない気持ちにはならなかったかもしれないですが!

おかげでだいぶダメなところがわかってきました。

今つくってるもの、普通に作るとブレーバレット’(ダッシュ)になりそうだと思ったので
なるべく逆の方向でシステム組んでたんですよね。
ターン制なのも、自動戦闘なのも、ダンジョンにもぐらないのも、
1戦ごとに回復するのも。
でもこっち方向だとうまく作れないようなので、だいぶ方向転換しようと思ってます。
わざわざ逆を選択するのやめようかと。

ひとまずダンジョンにもぐろうかしら。

また練り直してきます!

Comments コメントなし »

.

テストプレイのお願いです。

今つくってるやつ、どーにもよくならないので、
何かヒントをもらえたらなーと思いまして・・・。

女の子が魔法で戦うゲーム(仮)(17.4M)←ダウンロードはここから

VXAceのランタイムパッケージが必要です。

※注意
全然できてません。1時間かからないぐらい。
今のところ面白くないです。面白くしたいです。
まだシステムもシナリオも構築段階です。ここからまた大幅に変える予定です

.

まずは、ゲームのルールがわかるかどうか、そこから・・・

しょっぱい会話パートはshiftキーで飛ばせます。
重要なところで勝手にとまるので、そこ以外は読まなくて大丈夫です。

バランス調整ができてないので、どこでもセーブできるようにしてあります。

とりあえずゲームオーバー条件は変えないといけないと思ってます。機能してない・・・。
日数でしばろうと思ってたんだけど、わかりづらすぎました。
あと、フィールド形式がよくないなーとも思ってます。
なんかダンジョンもぐっていく方がわくわくしますね。



やってもいいよという方、よろしくおねがいしますー!

Comments 30 コメント »

.

きりのいいところでゲームをアップしようと思ってて、
そのために序盤を作りこんでるんだけど、
最初のチュートリアルの部分が難しいです。

こんなところは今つめるとこじゃないんだけど、練習も兼ねて。

.

今のところ結構丁寧に説明してるつもりなんだけど、なんかくどい感じが!

もちろんHPとは~とか、武器は装備しないと~とかは説明する気はないんだけど、
それ以外のところでいろいろルールがあるので量が多くなっちゃうんですよね。

説明が多いとテンポ悪いし、難しい印象があるし、そもそも読まれないし。
この辺のバランス感覚がわからないです。
まあ丁寧にやればいいというものじゃないのはわかってきましたが。
うーむ。


↑さすがにこれはやりすぎた感があるので削除しました。僕も読みたくない。

とどめさした人がEXPもらえる仕様も、
戦闘結果のところで「とどめボーナス」とか書いてあれば
キャラに説明させる必要ないかなと思って削除。
LVアップの説明もいいや。見ればわかるでしょう。ごっそり削除。


↑これは説明した方がいいような気がするけど、読み飛ばした時用に
毎ターンHPが回復してる演出があったほうがよさそうですね。

そもそもチュートリアルってみんな普通に見るものなのかな?
僕は超絶連打で飛ばすんだけど。
というものの、やっぱり積んでなかったら不親切だし。

覚えて欲しい操作があったとして、その操作をしないとゲームが先に進めない
ような障害を作ったりすると自然なのかな。言うだけなら簡単だけど。

ちょっと試してみます。

Comments 5 コメント »

.

これでも一応キャラかぶりしないように設定してるつもりなんだけど、
そうすると全くセリフが思いうかばないようなキャラがでてきます。
ゲーム中では空気に。

というわけでメガネっこは解雇しました。

メガネっこが成長する流れはわかるんだけど、
実際イベントを書くとなると即でネタ切れに。

.

 


こっちもチェンジ。せりふがむずい。
元々先輩のつもりだったけど、1年若返らせました。
あーこれならいけそう。

1から描き直してます。
立ち絵を描く作業は、ゲーム作る中でも最も楽ちんな部分ですねー。
描き直しまくり。

Comments 2 コメント »

.

■シナリオ
テキストをだーって書いてると、勝手に設定が増えていきますね。
つじつまが合ってないような気がするけど、
多分細かいところはいいでしょう。うん。

.

■リソース管理
ゲーム中でプレイヤーが管理するリソース、最大HPに始まり、歩数、武器の使用回数、総ターン数といろいろ試したけど、今のところ魔法力というパラメータに落ち着きつつあります。

魔法力は以下の行動で減ります
・戦闘不能になったら-3
・大魔法を使ったら-1

魔法力が0の状態で戦闘不能になったらペナルティ(復活しない&お金がちょっと減る)
戦闘不能になるよりかは大魔法使ったほうがマシなので、
魔法力が減っちゃうとしても大魔法が使われるはず!

HPとかは戦闘毎に全快するので、
戦闘不能にならず、大魔法も使わないでいたら永遠に先に進めるんだけど、
その辺はバランス次第かなー。

面白いかどうかはまだ不明だけど、
もうそろそろ試すネタも尽きてきたのでFIXさせたいところ。

あと、やっぱり魔法よりも大魔法の方が字面がいいので戻しました。

.

■LVアップ
パラメータの価値が高すぎて、1あがるだけでバランス崩壊なので、
断腸の思いでLVアップというかLVの概念を削除しました。

最大HPが1あがるぐらいならいいかなと思ったけど、
それでも10LVあがると+10だしなぁ。


 

成長要素は楽しいところなんだけど、仕方なし。

さっそくLVがあがることで装備可能な武器が変わるように変更。
武器のランクは5段階なので最大LVは5に。

迷ったんだけど、V&Bと同じくとどめをさしたキャラに特典が得られるようにしてみた。
ある程度は制御できるし、変なあがりかたしてもそれはそれで面白いかなと思って。

システムできてないくせにチュートリアルから作ってるのは、
説明できないシステムはボツにしようと思ってて。

.


CLIPなんちゃらってソフトで描いてたんだけど、
使用期限が切れたのでSAIで描き直しました。一部トレース。
結局ツインテールになりました。
しかしCLIPなんちゃらは今からでもソフト名を変えるべき。覚えづらすぎる!

そういえば制作中のゲームのタイトル決まってる人多いけど、
僕は全然おもいつかないです。
今のタイトルは「女の子が魔法で戦うゲーム(仮)」・・・。
日本語タイトルにしようとは思ってます。英語は検索しづらいので・・・。

 

Comments 6 コメント »

.

いろいろ試した結果、やっぱり位置替えは前列後列を一気に替えることにしました。
ひとりずつ替えれると全然死なないので。
それに伴って、位置交代で行う特殊行動(=魔法)は削除、
魔法がなくなったので大魔法を魔法に格下げ。なんか字面が一気にしょぼくなったぞ!
大魔法はどこかで使おう。

.

唐突にキャラ紹介。
主人公の予定の人。


榛名 光(ハルナ ヒカリ)さん。17歳。

今回は名前で遊んでません。
苗字はゲーム中で出すとこないんだけど一応つけようかと。
日本の山の名前からそれっぽいのをチョイスしていきます。

前作と違う感じでキャッキャウフフの場面を書きたかったので、
身長:高い :大きい 性格:やや活発
にしてみたんだけど、僕が考えると主人公はどうやってもヘタレになる不思議。

しかし昔に比べてだいぶ絵柄変わったなー。

.


■宣伝

水漣さんのところで水着絵の投稿が開始されてます!



僕もVXRTPのナタリーさんの絵を描かせてもらいました。旧スクです!
水漣さんの水着絵を見るついでにちらっと覗いてもらえると大変うれしいです。

 

Comments コメントなし »