.

サンプルプロジェクト(まだ未完成)


あきさんにもらったコメントで、ダークゾーンに半透明の画像を重ねる方法、
コメントではやらないって言ったんだけど、
実際試したらこっちの方がいいような気がしたのでこっちで。
真ん中が完全な不透明で、まわりが85%の不透明度だったかな。
左右の壁だけぎりぎりみえます。
真っ暗がいい! という人はダークゾーンの画像を差し替えてください。

そしてダークゾーンではミニマップも非表示にする機能いれました。
方角ぐらいはわかってもいいかなと思ってプレイヤーの向きだけ表示してあります。


VX版では対応してなかったんだけど、プレイヤーの移動に対応しました。
これで真女神転生の夢の中みたいに自動でダンジョンを歩かせられます。

そのほか、メニューやバトルからの復帰時間を短縮させました。
VX版でもあった機能で、壁画像をマップがかわるまでキャッシュしてるだけです。

.

以下、移植しない予定の機能です。全部移植すればいいじゃんって感じだけど、
機能は少ないほど修正がやりやすいので

■画面上部にマップ名を表示させる機能
→デフォでマップ名表示があるので
■方向転換でエンカウント
→バグに見えちゃうぐらいの機能
■移動の中間モーションを表示しない機能
→実は今機能として存在して、クラシックな感じが得られるけど、
使う人はわずかだと思うので削除予定

9 件のコメント “3Dダンジョン7”
  1. d-a より:

    こんにちわ(^-^
    さば缶さんのプロジェクトは、ゲーム開始と同時に画面が少し広がるのですが
    これは、スクリプトをいじってるからでしょうか?
    それらしきものが見当たらなかったので、質問してみました。

  2. さば缶 より:

    こんにちは!

    はい、このスクリプトは640*480のサイズ専用なので、
    MainでGraphics.resize_screen(640, 480)
    としてウィンドウサイズを広げています。
    碧の軌跡っぽい戦闘システムもそうだったかな。
    通常の544*416サイズでは使えませんのでご注意をー

  3. d-a より:

    Mainの中でしたかーといっても私はスクリプトは分からないのですけど。>_<

    もう一つ質問なのですが、
    新規のプロジェクトでMainにGraphics.resize_screen(640, 480)を書き足し
    画面を広げた状態で通常の戦闘を行うと、
    画面の右端?(私の環境では右端)に、戦闘に入るときの黒い部分の切れ端が
    表示されるのですが、これを直すには、どうしたらいいでしょうか?

  4. むー より:

    お久しぶりです。
    まだAce買ってませんが、そのうち買おうと思っています。
    今度の3Dダンジョンでは、床模様の変更機能をぜひ!!!

  5. さば缶 より:

    >d-aさん
    >戦闘に入るときの黒い部分の切れ端
    その部分だけはスクリプトではどうにもならなくて、
    Graphocs/System/BattleStart.pngを大きい画像に差し替える必要があります。
    お試しくださいー

  6. さば缶 より:

    >むーさん
    お久しぶりです!
    おお、購入予定ですか! ワーイ
    床模様の変更は、遠景を差し替えられるということでいいのかな。
    例によって扉をくぐった瞬間に切り替えないと変になると思うけれど
    それでよければいれれるかもです!

  7. むー より:

    可能であれば、マスごとに床が変わったらなーと思います。
    目に見えるダメージ床とか、片面が壁じゃなくて水面とか(下水の通路を歩いてる感じ)、
    VXの3Dダンジョンでは、できないかなーと思っていじっていましたが、
    結局自分ではできませんでした…(涙)

    というわけで、さっきAceをダウンロード販売で買いました!!

  8. d-a より:

    >Graphocs/System/BattleStart.pngを大きい画像に差し替える必要があります。

    なるほどですね!

  9. さば缶 より:

    >むーさん
    ダウンロード販売で購入!! やったー、いじってるだけで楽しいですもんね!

    >床
    ああー、理解しました。ほしいですよね。
    ただ世界樹の迷宮みたいなリッチなのはできなくて、
    せいぜい水溜り程度かな・・・。
    それよりも壁と同じく移動中とか回転中とか全パターンで描画するのが
    結構大変なのでやらなさそうです、すみません!

  10.  
コメントする