.

サンプルプロジェクト(だいたい完成、あとは説明とか整理とか・・・)

F.O.E追加しました。


イベント名に<FOE>っていれるとこんな感じで画面に表示されます。
移動タイプが”近づく”だとオートマッピングではこんな赤いマークで、


移動タイプが”近づく”以外だと薄紫のマークで表示されます。
プレイヤーのいるリージョンによって勝手にセルフスイッチが入る機能がついてるので、
ある程度近づくと動きが変化するようなのもつくれます。

.

これで一通り機能は入れたので、
あとはスクリプトをサンプル追加と整理しながらデバッグしてきます。
スクリプトはコピーの手間を考えると
ある程度セクションまとめたほうがいいかなと思うのでまとめてきます。

そうそう、もうすでにサンプルで容量12Mとかなんですが、
容量増えてもサンプルは多いほうがいいですよね。
というかだいぶ前から容量気にして作成する意味もなくなってますよね。
midi使うくらいならogg使うし、減色して荒くなるくらいならフルカラー使うし。
10Mも100Mも一緒!

6 件のコメント “3Dダンジョン10”
  1. d-a より:

    容量は気にしなくていいと思います!

  2. さば缶 より:

    ですね! というわけでもう少し壁のサンプルとか移植して増やしてきます!

  3. Inco より:

    更新お疲れ様です、先日の名無しです。
    動かしたり中身見たりしました、説明付くのがとても楽しみです。
    ベースシステムという感じで、簡単&拡張性が高そうで凄いです。

    バグ、というか単なる仕様なのですが
    サンプルの自動移動は移動できない場合は~が入っていないため
    移動したFOEに引っかかって止まることが偶にありました。
    FOEのプライオリティは下にして逃走はそのままだとすり抜け可能で
    見た目もこっちのほうが遭遇戦らしく自然に思えました。
    まあイベントの組み方次第なので、好みの問題だと思いますが。

    あと個人的な要望なのですが
    中間モーションなしの選択は残して欲しいです。
    (どうも中間モーションに違和感があるので)
    それと、その場で移動終了判定が出せるようなもの
    (足踏みや足止め罠など用に)があると夢が広がります。

  4. さば缶 より:

    おお、こんばんは!
    試してくれてありがとうございます。
    説明はあまりやる気がでないので、かなりいまいちな出来になりそうです。。

    >FOEのプライオリティは下にして逃走はそのままだとすり抜け可能で
    ほうほう、なるほど試してみます。

    >中間モーションなしの選択
    はーい、じゃあそのままにしときます。

    >その場で移動終了判定が出せるようなもの
    これ単体で素材としてつくろうかな、そのうちにー

  5. Inco より:

    実際サンプルだけでかなり分かりやすいですからね。
    自分としてはスクリプトに注釈とかメモがあると嬉しいかも。
    …要望は好き勝手言ってるだけなので適当に聞き流してください。。。


    サンプルを弄っていて発見した仕様?ですが

    イベント名にタグ指定なしの、プライオリティ同じ(接触判定あり)のイベントは
    見えない壁として処理されているみたいですが、真後ろからぶつかった場合のみ
    シェイクと効果音が発生しません。

    タグだと画面に表示、有効なイベント内に戦闘処理があるとマップに表示される。

    鍵開けなどは部屋の横からも起動しているので、実際はイベントで向きを判別してやる必要がある。

    これらは利用すれば面白い効果が作れるので、是非バグではなく仕様にして欲しいと思います。説明が無いと不便なので念のため報告させて頂きました。把握済みでしたら申し訳ないです。


    それから、画面のシェイクで画面の左端が切れる(背景が見えてしまう)のですが、これは修正可能でしょうか?細かい点ですが森などの明るいマップだと目立つのでちょっと気になりました。
    長々と失礼しました。

  6. さば缶 より:

    おお、いろいろありがとうございます!

    >是非バグではなく仕様にして欲しい
    試してみましたがなるほど・・・そしてごめんなさい、他に副作用がありそうなので
    修正します・・・。
    もし向きで設定する何かが必要であればそういう機能を実装してもいいかなと思うので
    教えていただければと思います。

    >鍵開けなどは部屋の横からも起動している
    >画面のシェイクで画面の左端が切れる
    修正してきます!

  7.  
コメントする