.

きりのいいところでゲームをアップしようと思ってて、
そのために序盤を作りこんでるんだけど、
最初のチュートリアルの部分が難しいです。

こんなところは今つめるとこじゃないんだけど、練習も兼ねて。

.

今のところ結構丁寧に説明してるつもりなんだけど、なんかくどい感じが!

もちろんHPとは~とか、武器は装備しないと~とかは説明する気はないんだけど、
それ以外のところでいろいろルールがあるので量が多くなっちゃうんですよね。

説明が多いとテンポ悪いし、難しい印象があるし、そもそも読まれないし。
この辺のバランス感覚がわからないです。
まあ丁寧にやればいいというものじゃないのはわかってきましたが。
うーむ。


↑さすがにこれはやりすぎた感があるので削除しました。僕も読みたくない。

とどめさした人がEXPもらえる仕様も、
戦闘結果のところで「とどめボーナス」とか書いてあれば
キャラに説明させる必要ないかなと思って削除。
LVアップの説明もいいや。見ればわかるでしょう。ごっそり削除。


↑これは説明した方がいいような気がするけど、読み飛ばした時用に
毎ターンHPが回復してる演出があったほうがよさそうですね。

そもそもチュートリアルってみんな普通に見るものなのかな?
僕は超絶連打で飛ばすんだけど。
というものの、やっぱり積んでなかったら不親切だし。

覚えて欲しい操作があったとして、その操作をしないとゲームが先に進めない
ような障害を作ったりすると自然なのかな。言うだけなら簡単だけど。

ちょっと試してみます。

5 件のコメント “制作中18”
  1. tasty より:

    おお、そろそろ完成間近って感じですね!

    チュートリアル、僕はどうするかなーと考えてみましたが
    最初はさらっと読む、でこのゲーム面白いなと思ったらちゃんと読む、ですね。
    readmeにもざっくりと説明があると良いかも。
    特徴的なシステムがあるなら、大事なとこだけでも最初に手取り足取り説明があるほうが好みかなー。

    ブルーバレットの説明も上手だったので、あんな感じでいいと思いますよ^^

  2. 泣く大臣 より:

    チュートリアル、難しい問題ですよね。
    私どもがやった手法なんですが、
    一つずつ体感して覚えさせるというのはいかがなものでしょうか?
    それが面倒に感じるケースも多々あると思いますが…。
    はじめてで右も左も分からないプレイヤーがこれでと放り出されるのは不親切かもしれません。
    ですので、チュートリアルはスキップ可能にしておいて、
    しっかりと説明を入れるのが最善なのかもしれませんね。
    制作者側はすべて分かっているから
    おろそかにしやすい危険な場所だと思っています。チュートリアルは。

  3. tasty より:

    ブルーバレットで言うところの装備の付け替え、ディレイ効果あたりの説明ですね。
    初バトルの前に説明だけ聞かされても何が大事なのか分からず読み飛ばすことが多いので、実戦形式のチュートリアルは良い手法だと思いますよ。
    だらだら文字を読むよりよほどいいですし、スタイルの根っこになってる部分は理解せずには楽しく遊べないですから。ブルーバレットの「実戦形式で各要素ごとに手取り足取り」スタイルはほぼ満点だと思います。


    加えて言うなら、
    ・オープニング以外でも、好きなときにチュートリアルを受けることが出来る
    これが出来た方が有効な場合があることと、

    ・オープニングのチュートリアルも、「詳しく話した方がいいかな?(はい/いいえ)」って感じで、説明聞くのが面倒な人用ときっちり聞きたい人用と、2パターン用意する
    がいい感じかなと。

    プレイヤーの性格によって受けのいいやり方が違ってくるなら、プレイヤー自身に選んでもらいましょう笑


    その他では、いつでも聞ける方のチュートリアルに
    ・戦闘の流れやキャラ強化の仕組み等、各要素を選んで説明を聞けるパート
    ・中盤あたりである程度スキルが揃った時期を見計らって登場する「中盤以降のボス戦で有効な戦術」を説明するパート
    あたりを加えても、ゲームの性格によっては役に立つのかも。作る側にとっては手間が増えますけどね笑


    オーソドックスですが、こんな感じになるでしょうか。
    ではでは、楽しい作品に期待しております^^☆

  4. さば缶 より:

    >tastyさん
    あーー違います違います!
    Wizardryで言うところの地下1階までできたので、
    どんなものなのかなーと誰かに意見を聞きたかったというだけです。
    作り直すなら早い方がいいかなと思って。

    >実戦形式のチュートリアル
    ほうほう、やっぱり必要になったその時に説明してあげるのがよさそうですね。

    >好きなときにチュートリアルを受けることが出来る
    あー、そっちのほうに詳しい説明のっけて、チュートリアルのほうはあっさり目でも
    いいかもですね。

    >オープニングのチュートリアルも、「詳しく話した方がいいかな?(はい/いいえ)」って感じで、説明聞くのが面倒な人用ときっちり聞きたい人用と、2パターン用意する
    なるほど、ちょっとくどいところはそっちに持っていきます!

    いろいろと方法教えてくれてありがとうございます!

  5. さば缶 より:

    >泣く大臣さん
    いらっしゃいませー。

    僕最初、序盤の難易度さげてほっぽりだそうかと思ってたんですが
    思いとどまりました。
    作者は全部わかってるので、わからない人のことを考えて書くのが難しいですね。
    ありがとうございます、もう少しいじってきます!

  6.  
コメントする