.

そろそろ世界設定とかストーリーとか考えるかな。
スーパー苦手なところだけど、やらなきゃすすまないので仕方ない・・・。

いまさらだけど、完成するかどうかもわからないゲームのネタバレとか気にしてないです。

.

じゃあ早速。
まずいろいろ制約があるんだよね。

・主人公たちは魔法が使えてモンスターと戦わなければならない。そういうゲームなので
・学園もの。そういうゲームなので
・おっさんとか描いてられないので、若い女の子以外の登場人物は極力減らしたい
・敵画像を探しやすくするため、ファンタジー系のモンスターが敵
・日本名が好きなので、舞台は日本
・キャッキャウフフが書きづらくなる要素(世界が崩壊寸前とか誰かが再起不能になるとか)はナシ

そのほか、ゲームシステムを徐々に説明していきたいので
キャラの登場順とかもある程度決まってるんだけど、これはまた後の話かな。

.

さて……

モンスターと戦わなければいけない理由は、
魔法が特別なもので強大な力を持っていることにして、
誰かの依頼で戦ったりするとかがわかりやすいかな。

敵はどうしよう。まあ放射能の影響でも生物兵器でも宇宙からの侵略でもなんでもいいか。

魔法使える人がいっぱいいると若い女の子が戦うということになりにくいので、
やっぱり主人公たちなどのごく一部の人が魔法を使えるということで。
年齢的にも18歳ぐらいがピークでその後は力は失われていくとか。
バビル2世みたいに副作用があってもいいかもしれない。

 

そもそもなんで魔法が使えるんだって話ですよね。

うーむ。

主人公たちが魔法を使える原因と、モンスターが現れる原因が同じで、
ラスボス倒したらモンスターもいなくなって主人公たちも普通の女の子に戻れて
ハッピーエンドみたいなのだとまあアリかもしれないけど、
原因とかどうしようかな。

トンデモ的なのでも、理由さえでっちあげればいいのかな。
呪いとか完全に非科学的なのでもいけるか。
別に魔法使いになりたくてなったわけじゃない、って感じのがいいな。
最悪、ファンタジー世界にとんでっちゃった。だけど、
世界をまるっと作んないといけないしなぁ。

なんか全然すすんでないけど、時間切れなので今回はここまで。

6 件のコメント “制作中5”
  1. 匿名 より:

    魔物は昔から元々いる、魔法とかも元々ある。

    魔法を使えるのは女性だけ、魔法が使える子は年齢が止まる

    ベテランはもっと強い魔物と戦ってます。的な設定だったら

    シナリオ終了後も戦いは続く…的な流れになるけど

    ロリババア枠も確保できておいしいかもです。

  2. さば缶 より:

    いらしゃいませー
    おお、そういう設定もアリですね

    ロリババアは考えに入ってませんでした!
    ラストさえきれいにまとまればいいんですが

  3. sanpe より:

    >放射能の影響
    それだけはオススメできましぇん!

    >原因
    いろいろと限定的にすると規模自体は小さめで済ませられそうですな。

    魔法が使えるのと魔物が出現するのが同じ条件として、
    満月の晩にアヤシイ霧(魔力の力場)が出てる時だけとか、状況を特定してしまうというのも手ですね。

    魔物が魔力によって【ストレス】が具現化したものとすると、退治後は跡形もなく
    消えてくれて後処理に困らなさそう。ストレスの大元となった人・モノはストレス解消されてリフレッシュ。

    魔法は女性(18歳ぐらいまで)しか扱えず、主人公らの通う学園近辺のみが舞台ということなら、
    魔力が生まれた原因も特定しやすそうですが……

    あとは魔力が人為的に生まれたものなのかそうでないのか辺りが物語的な肝ですかねー。

  4. さば缶 より:

    いらしゃいませ!
    おお、たくさんありがとうございます!

    >魔物が魔力によって【ストレス】が具現化したもの
    セーラームーンとかこんなのでしたっけ? 違うか。
    あんまり風呂敷を広げない感じがいいですね!

    確かに、魔力が人為的に生まれたものなのかそうでないのか・・・・
    うーむ

    もうちょっと妄想してきます!

  5. 匿名 より:

    魔物は昔から元々いる、魔法とかも元々ある。~系のコメしたもので追記

    別に魔物がいなくなる=平和じゃなくてもいいかもですよ?

    むしろ魔物と戦うことをあんまり考えずにやってるノリとか。
    魔法使えない人は戦う力ないから使える人がボランティア感覚でやってたり、
    別段、特別意識せずにスポーツ感覚で魔物と戦ってるからあんまり考えたことないとか…
    むしろ魔物を倒すと国からお金が出るから学生がちょっとした給料のいいアルバイト感覚でやる的な軽いノリで
    魔物を倒すのもアリかなと。

    魔法が使えない人も使える人がちょくちょく倒してるからあんまり怖いと思ったこともないとか。
    ちょっとした自然災害とか野生動物の大量発生的な感覚で魔物が日常にゆるーく溶け込んでる感じとかですね。
    玉ーに強いのがいるけどそういうのは大抵ベテラン(ただし年齢は停止してるからロリ)が倒してくれるし…
    「あー、また新聞に載ってる、最近強い魔物が多いらしいわねぇ、奥さんも気をつけた方がいいわよ?」
    みたいに普通の犯罪と同ランクの感覚で。

    人間がやってる傷害事件とか殺人事件とそこまで大差ないから
    普通の人も被害者でもない限り意識するレベルではない…とか
    よっぽど正義感が強いか家族が被害にあってる人とかでもない限り本気で魔物を倒す人なんていない世界とか。

    …現実の殺人事件とかも蚊帳の外の人はそんな感じですからねぇ…

  6. さば缶 より:

    いらっしゃいませ、またアイデアありがとうございます!
    ああ、こっちもコンパクトにおさめる感じですね。

    今でも、世界は救わなくていいかなって思ってます。
    魔物の部分の設定は本編にあんまり影響ない風で、
    別の部分でストーリー進行もありかなー

    >普通の犯罪と同ランクの感覚で
    刑事物の感じで、○○で事件が起きた×n ですすんで、
    最後に凶悪犯逮捕でエンディングですね!
    これでもいけるかな。

  7.  
コメントする