.

今回は難易度曲線について

ブルーバレットのゲーム難易度は、最初簡単、中盤難しく、ラスト簡単にしたつもりです。
アウトインアウト! 練習~本番~ご褒美タイム みたいな感じ。
まぁちょっとミスっていて、B6をもう少し簡単に、B4をもう少し難しくするべきだったかもですが。

.

■序盤
難易度をあげるのはルールを覚えてもらってからなので、最初のB7は練習ステージです。
変な戦い方をしても負けないぐらいの難易度で、たとえA連打してても、
2~3戦くらいなら負けないハズ。

練習ステージなので、基本的な戦い方を習得できるように気をつけました。
選べるスキルが少ないのは、そのスキルを使ってねという意味だったりします。
特に威嚇射撃は超強いけどダメージがないので、スキルが多いと選ばれない可能性があります。
(というか実際、テストプレイで使われなかったことがありました)
また、ほとんどの敵にスタンが100%きき、タマオさんのスキルにスライディングキックしかないのも、
スタンさせてほしいなーという願いがこめられています。

.

■中盤
中盤が一番長くて、B6~B3まで。
クリアできない人がいてもいい、くらいの気持ちで調整しました。
でも特に書くことないかな。一応、各階で戦術が変わるようにした、つもりです。
ここが記憶に残ってくれればー

.

■終盤
終盤はB2、B1。
ここは難しくしようかどうか悩んだけど、最後は気持ちよくクリアしてもらおうと思って
難易度を落としました。
後半のスキルに高火力なのを入れたのも、ダメージのインフレを楽しんでもらいたかったからです。
コンボ+剛力+鉄山こうとか、回避低下+集中+底力+ガトリングショットとか、
単体にスナイプ+跳弾とか、俺TUEEEしてほしいところです。
と言っても、300ダメージ超えれば十分だと思ってましたが・・・。

B2では敵を倒してSPが回復するので、消費3とかのスキルも結構使えるし、
B1はボスのHPを高くしているので、気持ちよくサンドバックにしてもらえたらいいなー。

.

というわけで、難易度は最後まで線形にあがるのもいいけど、
最後落とすのもまたいいかも。後半になればなるほど、バランス調整難しいですしね

コメントする