ダウンロード

JSのみ
(右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」してファイルをDLして下さい)
Saba_Tachie.js
Saba_SimpleScenario.js

※起動時にエラーが出る場合は、一度プラグインの設定ウィンドウを開いてそのままOKを押してください

修正点

  • 選択肢表示などがスキップされることがあるバグを修正しました
  • 名前の表示非表示のタイミングを即時にしました
  • ウィンドウ色の変更タイミングをページ切り替え時にしました
  • 立ち絵を使わないアクター表示時は、顔グラを表示するようにしました
  • シナリオで以下のコマンドを追加しました
    • turn_left
    • turn_right
    • turn_up
    • turn_down
    • move_left
    • move_right
    • move_up
    • move_down
  • シナリオのmovieで playback_rate を指定できるようにしました
  • movieを続けて呼んでも全て再生されるようにしました
スクリーンショット 2016-05-05 10.32.20
disabledTachieActorIdList に指定したアクターは、
@n3 とか書くと自動で顔グラが表示されます。
 
 
あと、会話中に振り向くとか一歩移動するとか頻繁にあるんだけど、いちいち
@route_h event=-1 skip=true wait=true
@route type=turn_up
とか書くのめんどくさいので @turn_up などで動作するようにしました。
 
 
ムービー系は僕しか使わないと思うんだけど、一応。

10 件のコメント “ギャルゲー風会話システム10”
  1. ナーラ より:

    お久しぶりです、そして更新お疲れ様です。

    turnとmoveはよく使うので便利ですね!
    一方で、@routeの命令がちゃんと動かなくて悩んでおります。

    @route_h event=1 repeat=false skip=false wait=true
    @route type=36
    @route type=17
    @route type=15 time=3
    @route type=18
    @route type=15 time=3
    @route type=19
    @route type=33
    @route type=15 time=30

    イベント1番を動かすために、上記の通り組んだイベントが実行されませんでした。
    向き固定OFF→ウェイトはさみつつ左右上と順に向く→足踏みONといった流れです。
    ご教授いただければ幸いです。

  2. さば缶 より:

    こんばんはー、報告ありがとうです。
    時間見つけて調べておきますっ

  3. ナーラ より:

    お返事ありがとうございます!

    プラグインの競合を疑い他のプラグインをON/OFFしたり順序を入れ替えたりしてるうちに、F7でのシナリオ読み込み時に必ず「Uncaught TypeError: Cannot read property ‘1’ of undefined」と出てしまうようになりました。
    コンソールでは「n1のコマンドでエラーが発生しました」というエラーメッセージが出ています。
    原因になりそうなプラグインをOFFにしたり、シナリオファイルやセーブデータを消したりしても直らないので、一度まっさらな状態に戻す必要があるのかもしれません。

    そんな状態ですので、先ほどの件もプラグインの競合だったのかもしれません。
    Scenario.jsonの更新が出来る状態に戻すのを最優先に、引き続き色々試してみます。

  4. ナーラ より:

    すみません、個人的にメモを残していたテキストファイルが悪さをしていたようでした。
    @route関連に関しても、新規プロジェクトだと動いたので、プラグイン自体は問題ないみたいです。
    こちらでもう少し試行錯誤してみます。

  5. さば缶 より:

    わかりましたーっ

  6. 鯖かん より:

    すばらしいプラグインだと思うのですが、立ち絵の作り方がいまいちわかりません。
    サンプルPSDのようにPhotoshopで画像ファイルをレイヤーに分けて作成し、
    psdファイルを作成してプロジェクトのimgフォルダ内に設置すればよいのでしょうか?

    サンプルプロジェクトを見ると各レイヤーがpngファイルで分かれてteshieファイル内にあるのですが
    これは何か意味があるのでしょうか?

  7. さば缶 より:

    こんにちは。
    psdはレイヤーのサンプルという意味で、ゲームでは使っていません。
    tachie フォルダのpngが、実際使われるものになります。
    適当に画像を差し替えて試してみてくださいー

  8. しいたけ(鯖かん) より:

    ご返信ありがとうございます。
    名前紛らわしいんで変えました、すいません無意識に使っていたみたいです(*´Д`)

    今画像を入れ替えて試しているのですが、画像のX座標・Y座標などはSaba_Tachie.js内の
    @param actor1offset内のdefaultの値を書き換えればいいのでしょうか?
    actor01.json内の該当pngの”frame”の値を書き換えればいいのでしょうか。

    2つとも試してみたのですが変わらず….勉強不足ですみません。
    教えていただけると幸いです。

  9. しいたけ(鯖かん) より:

    JAVADOCコメント?をよんで@param actor1offsetの値を書き換えればいいと思ったのですが、
    該当のパラメータがfor文で繰り返している中にあるので、
    たとえばアクター1のY座標だけ変えたい場合に
    どこを書き換えればいいのかわかりません。
    教えていただけないでしょうか。

  10. さば缶 より:

    >しいたけさん
    あ、actor01.json は、テクスチャを一枚に集める時に使うもので、
    説明しようとしてたんだけどめんどくさくなったので隠し機能にしたものでした。
    無視してくださいー。

    画像のX座標・Y座標は、「プラグインの管理」の画面で該当の場所があるとおもうので
    そっちを変更してくださいー。
    JAVADOCコメントは、「プラグインの管理」で項目を出すために使っています(他の方の素材でも同じハズっ)

  11.  
コメントする