結局この名前にしてしまった。

サンプルはこちらから

ダウンロードはこちらから。(YED_WordWrap は、ユーザー登録特典だった気がするので抜いてあります)



まだ完成してないですが、使えなくもない気がするので公開しますっ。
立ち絵つき会話を作れるプラグインです。
以下の機能のセットになっています。

・立ち絵表示
・テキストからツクールイベントへの変換
・バックログ
・YED_WordWrapの拡張

立ち絵表示だけでも動きはするけれど、プラグインコマンドの記述が大変すぎるのでテキストからの変換を推奨します。

pageupキーでバックログがでます。


テキストからの変換は、VXAceで使ってない人はいないであろうスクリプト、TESのサブセットになっています。未実装コマンドは、プラグインのヘルプをご覧ください。


説明書とか作ってないので、こちらをどうぞ。書き方は同じにしてあります(さとちーさんすみません&ありがとうございます)
作ったけど未テストのコマンドばっかりです。動かないやつがあれば教えてください。

 

■立ち絵ファイルの作り方

表情や衣装ごとに画像がわかれていて、それぞれ名前の付け方が決まっています。



アウターと下着の b とか c とかは衣装IDです。 a は裸扱いなので、作成する必要はありません。

アウターと体、顔の末尾の数字はポーズIDです。下着や表情はポーズで変化しません。(手だけがかわる想定です。体の向きとか変えたい方は……僕は大変なのでしません)

サンプルのpsdを置いておきますっ。
actor02.psd

サンプルプロジェクトでは、最初にキャラに服を着せています。


要するに、2人のキャラに ID が b のアウターと下着を設定しています。

わからない場所があればコメントください。説明を追加します。
また、機能追加のリクエストもあればどうぞっ!

12 件のコメント “ギャルゲー風会話システム1”
  1. ナーラ より:

    公開ありがとうございます!
    Saba_SimpleScenarioのヘルプに記載されている使い方を読んだのですが、テキストファイルからの変換が上手く出来ないので、教えていただけますでしょうか?

    まず、gal1.zip内にあるsimpleScenario_01.txtの内容を変え、テストプレイでF7キーを押しましたが、内容の変更が反映されませんでした。
    フォルダが違うのかと思い、simpleScenarioフォルダからscenarioフォルダに出して同様の操作を行っても結果は同じでした。

    次に、simpleScenario_01.txtのファイル名を変えてsimpleScenario_02.txtにし、テストプレイでF7キーを押した後にプラグインコマンド”Scenario simpleScenario_02”を実行したところ、「id:simpleScenario_02のデータが見つかりません」というエラーメッセージが表示されました。
    上記と同様に、simpleScenarioフォルダからscenarioフォルダに移しても結果は同じでした。

    上記操作時、プラグインのパラメータなどは変更しておりません。
    また、関係有るのかは分かりませんが、dataフォルダ内にあるScenario.jsonファイルは、テストプレイでF7キーを押しても作成日時・更新日時ともに変わりませんでした。

    私の使い方が間違っているのだと思うのですが、原因が分からないのでご教授いただけますと幸いです。

  2. さば缶 より:

    >ナーラさん
    本当ですね! Windows だとだめでした。
    パスの指定が間違っていたようなので、先ほど修正してみました。
    お手数ですが、再度ためしてもらってもいいでしょうか。
    よろしくお願いします〜

  3. ナーラ より:

    再DLして試したところ、無事に動きました。
    早速、サンプルを見ながら実装されている機能を色々と試してみたいと思います。
    迅速な対応、ありがとうございます!

  4. さば缶 より:

    >ナーラさん
    おお、うまくいってよかったです!
    教えてくれてありがとうございましたっ

  5. ナーラ より:

    度々すみません(> <)

    新規プロジェクトを作成し、こちらのプラグインと必要な画像のみを入れて試してみたのですが、最初は表情パーツのみが表示され、読み進めていくと身体パーツも表示されるのですが、最後まで服装パーツが表示されませんでした。
    また、デプロイメント時に未使用ファイルを含まないにチェックを入れると、起動時に「Failed to load: img/system/Window1.png」というエラーメッセージが出ます。

    前者は分かりませんが、後者はMVのver1.10においてプラグインで使う画像が未使用扱いされてしまうことにより起こる現象のような気がします。
    未使用ファイルを消すのは手動でも出来るのですが、立ち絵のパーツが一部しか表示されないのは困ったなぁと試行錯誤しているところです。
    もしかしたら、これもMVのver1.10で作ったプロジェクトだと起こる現象なのかなぁと思い、一応ご報告させていただきました。

    もし何か対応策など分かりましたら、教えていただけるとありがたいです。

  6. さば缶 より:

    >ナーラさん
    後者はひとまずおいておくとして、前者は設定がぬけているのかもです。
    コモンイベント1もコピーしてみてください〜

  7. ナーラ より:

    あ、仰るとおりでした!
    確認不足ですみません(´;ω;`)

  8. さば缶 より:

    いいえ、説明も何もないので追加しておきますー。
    他にもいっぱい変なところあるとおもいますが、懲りずにコメントいただけるとうれしいです

  9. ナーラ より:

    そう言っていただけると、コメントしやすくてありがたいです~。

    replace.txtの内容を変更して上書き保存し、F7変換をしても変更が反映されませんでした。
    以前に修正していただいた、Windows版のパスの問題と同様でしょうか?

  10. さば缶 より:

    本当ですね!
    原因はなんと、value を value で置き換えていたせいでした。
    つまり動作してなかったってことですね!
    ありがとうございます、直しておきます〜!

  11. ナーラ より:

    そうでしたか~!
    お手数をお掛けしますが、よろしくお願いしますm(._.*)m

  12. さば缶 より:

    了解ですっ! いつもありがとうございますっ

  13.  
コメントする