.

結局Cubase7を買っちゃいました。
ギター用のカラオケトラックをつくりたいんですよね。
というわけで昨日からしこしこ打ち込んでさっき完成しました!


※まだ弾いてません

METAL MAXって いうファミコンの通常戦闘曲です。
このゲームは自由度が高くて、ある程度どういう順番で攻略してもOKなのが楽しいですね。

ループが短くて少し早めの曲をチョイスしました。
前回のBlue Water Blue Skyよりも20ちょいテンポが早いので、
いい感じに練習できるんじゃないかと。
弾けなかったらテンポ勝手に落とせばいいだけですしね。

予想できる、僕が弾くとクオリティがここからさらに下がることが……!

 

しかし僕の知ってるMidiシーケンサは、
ミキサーにリバーブとコーラスとディレイだけがあるやつなんだけど、
Cubaseはリバーブだけでパラメータが意味不明な数あってびっくり。
よくわかんないので適当にいじって作りました。

単語の意味はわかってもそれが何をするものなのか
さっぱりわからないものだらけでやばいです。
あっ……、画面上にある押せるボタンの数の多さにめまいが……。

6 件のコメント “ギター12”
  1. 泣く大臣 より:

    おおーCubase7買われたのですねー。仲間が増えた。笑
    Cubaseはエフェクトから、リバーブからして物凄い高性能ですので、
    この機に作曲に手を出してみたらいかがでしょうか。
    丁度ギターもあるですし、生音を収録すると素晴らしいものが出来上がると思います。
    コードの理解があやふやな場合は、コードアシスタントがひっぱってくれますし。
    VST Connect SEがあるから、それでコラボをしてみるのもいいかもしれません。
    新しい方面の活躍、期待しておりますよ!

  2. さば缶 より:

    >泣く大臣さん
    いらしゃいませー。はい、仲間になりました。
    意外と安かったのでぽちってしまいました。
    Unityの値段みてからちょっと感覚がまひしてるのかもしれないです。
    音が専門の人でもCubase使ってる人多そうですよね。
    すごい高機能! まあ僕はその10%も使えてないですけれど!
    もう時間がいっぱいいっぱいですが、作曲もしたいところですね。
    というわけでたまーに使って遊んでいきたいです。

  3. 泣く大臣 より:

    実際Cubaseはプロ用のツールですので、
    音が専門の方が実際に利用されている方が多いですよ。
    私は生楽器持ってないので、生楽器を入れたまま収録出来ないのですが、
    実際に使ってみると結構面白いものがあります。
    作曲してみるとき、コラボしてみるのもいいかもしれませんねー。
    コラボできるかどうか調べてみますので、
    出来そうでしたら、今度一緒に作曲しませんかー。と誘ってみます。笑

  4. さば缶 より:

    >泣く大臣さん
    ほうほう、やっぱりそうなんですね。
    楽器も数小節ごとに録音したりとかするとミスなくできそうですね!
    入力装置をもってませんが・・・!
    >コラボ
    ひー無理無理すみません、ひとりでこっそり練習しますっ

  5. wateru より:

    おおっCubase購入されたんですね!
    DTMはけっこう敷居高いですよねー。
    私も三月坊主で今は全然起動してません・・・
    めちゃくちゃ時間がかかるのでキツいですよね~。
    でもさば缶さんが一人でゲームシナリオ、プログラミング、CG、BGMを全部作れてしまう究極クリエイターになるためには使いこなす必要が(笑

  6. さば缶 より:

    >wateruさん
    はっ、wateruさんお久しぶりです、おはようございます!
    wateruさんは曲も作れるのにもったいないです、ぜひ再開を!
    しかしこれ使いこなそうと思ったら一生かかりますね。
    究極クリエイターを目指すには当然つかいこなす必要があるけれど、
    当然僕はそんな気もなくちょこっと遊べたらいいかなぐらいなので
    ゆるーくやっていきたいですっ。 ゆるーく…

  7.  
コメントする