.

10ヶ月ほど練習さぼってました。
一回やらなくなると本当にダメですね。自分に猛省を促したいです。

やはり続けるには工夫が必要ですね・・・。
意思の力というのは有限で枯渇する資源なので、
これに頼っても3日ぐらいしかもたないですね。
最も無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ、とはよく言ったものですねー。

いろいろと原因を考えてて、
まず思い当たるのが『練習するまでがめんどくさい』ことです。
イヤホン接続してアンプ接続して電源いれてギターを取り出して
チューニングするのがめんどくさすぎる。

こういうつまんないところもやる気に影響するんですよね。
机の上に置いてあるお菓子はすぐになくなるけど、
戸棚に置いてあるお菓子はなかなかなくならない理論です。
ちょっと歩かないといけないだけでもやる気が減少するという。

というわけで、ギター練習用にイヤホン買ってきてつけっぱにしました。
アンプも接続しっぱなしで、ギタースタンドは
 → 
にしました。
弦がひっかからないようにとるだけでめんどくさいので。
これだけでだいぶやりやすくなった!

あとは姿勢。今まで地べたに座ってたんだけど、長時間続けてると腰にくるんですよね。
腰が痛いと今日はもういいかな-って気分になります。
調べて見ると、練習するにはひじ掛けのない椅子がいいとのことなので買ってきました。


ドラマーの人が座るやつ。
うちのかわいい猫をブログに載っけたかっただけですすみません。
そして必ず1日一回は椅子に座ると決めました。
座りさえすれば練習しなくてもノルマ達成です。
でも椅子に座ればギター弾くしかやることがないので結局練習しちゃう仕組みです。

まだ再開して2週間ぐらいしか経ってないけどいい感じに時間とれてます。

 


(へたくそ注意)
前回と同じくギルティギアのメイステージの曲です。
リズムギターのパートも一緒に弾いてみたら一気に忙しくなりました。
年末に同じ曲でもう一回アップ予定です。
(というコミットメントも効果あるようです!)

 

4 件のコメント “ギター10”
  1. 名無し より:

    続かないのはポーズでやってるから音を奏でるという行為そのものを好きじゃ無いのでは
    チューニング、アンプの調節、エフェクター弄り
    全てつまらないとかつまらなくないと言う事ではない
    ましてやアンプに接続しなければギターは弾けない、鳴らない物ではない
    10年以上楽器やってるがそのような感覚に囚われた事は無い、苦になった事も無い
    チューニング中は今日は何をやろうかと思案する一日の内一番自由な時間としてあり続けている
    ジミーペイジやジミヘンドリックス、二ールヤング、ポールコゾフの曲や奏でる音を聞き憧れ
    自分も同じように弾きたくてバイトをしギターを買って始めた時のまま変わらず今もやってる
    まるで出したい音を奏でるに到るまでの過程が“つまらない事”のように語るな
    道具をファッションのように揃え音楽をやってる事をひけらかし一体何がしたいのか
    続ける事にあなたが言う意志力も工夫も何も必要無い、「音楽が好き」それだけでいい

  2. さば缶 より:

    >名無しさん
    いらっしゃいませー。
    ちょっと誤解させてしまったみたいですが、僕は音楽が好きだし演奏することも好きです。
    ただ、他にも同じぐらい好きでやりたいことがたくさんあって、
    その中でもギターの練習は始めるまでの障壁が多いので工夫が必要なのでした。

    あと、エントリで「つまんないこと」って書いてますが、
    これは書き方が悪くて、例えばイヤホンをいちいちつけるというとるに足らないこと
    みたいな意味合いです。
    こういう細かいことが積み重なることがやる気に影響するんですよね。
    名無しさんのように音楽にすごい情熱を持ってる人からみたらなんだこいつみたいに
    見えるかもしれないですが。

    ただ、「一体何がしたいのか」の部分には僕はすごく違和感があります。
    音楽をファッションでしようが遊びでしようが全く問題なくて、
    それを認めない文化は衰退するでしょう。
    アマチュアが音楽をどういう風にどういう目的でしようが構わないと思います。

  3. ともちゃんたまちゃんファン より:

    ん?レッグマジック?・・・違うかw

  4. さば缶 より:

    こんばんはー!

    >レッグマジック
    なんだろうこれと思ってぐぐってみたら、
    確かに似てるかも・・・!

  5.  
コメントする