.


試しに描いてみる。この角度が一番落ち着くー。
そしてすでにパーツが足りない感がする。マントでも加えようかな。


ひとまずそのまま描いてみた。色は白系にする予定です。

また思いついたことを!

わかさんのコメントの「魔法は道具を媒体として使う」で、
これを使うと戦闘前の編成が楽しくなるかなーと。

具体的には、キャラ+道具=ユニットにして、ユニットを編成する。
魔法力の限界やらなんやら理由をつけて、
道具ごとにコストがあるようにして最大コストX以下におさえてね、と。
同じキャラは2人同時に出撃不能。
さらにユニットごとに絵を描くと、ほら、カードゲームのデッキ編成みたいになった!

.

———————————————-

.


また色パターン。配色のセンスがなさすぎてやばい!
紫でいきたいけど、青が無難かな。また気が変わるかも。
ベヘリットみたいなの持たせようと思ったけど、やっぱり単なる宝石にしました。

キャラは使いまわしたいですねー。
というか新しく考えても自分の好きなパターンは変わらなくて、絶対似てくるので。

お話は主人公の成長物語で、最初は弱く、シナリオでもヘマをして、
ラストにそれを取り返すパターンが好き。

強くなる理由も、「実は○○の血をひいてました」みたいなのは本当に嫌いで、
凡人が頑張って強くなっていくのが想像できるのがいいな。
ドカベンよりもキャプテンの方が好きってラジオで誰かいってたけど、100%同意します!
あ、両方とも野球マンガです。キャプテンは復刻版も出てるのでみんな買ってね!

.


時間がなかったので20分ぐらいで塗ってきました。
デザイン決まったら修正します。ひとまず次の線画だだだ

 

8 件のコメント “お絵かき38”
  1. sanpe より:

    >パーツ
    腕輪や、ケープにつけるタイプのアミュレットなんかがあればいいかも。
    あと、手袋してるとよりそれっぽい雰囲気に。
    その場合は指のところに穴の空いてるタイプ希望!
    五指全部じゃなくて、部分的に空いてるタイプだとなおウレシィっす!

    帽子は……お好みで!

  2. さば缶 より:

    おお、ケープにつけるタイプというのがいまいちよくわかってないけれど、
    やってみよう!
    手袋もいいですねー、今見たら右手がばかみたいにでかかったので
    修正ついてにつけてみます!

    帽子があると、髪の毛ぬるのが簡単なんですよねー。
    個人的に頭のてっぺんらへんがむずい・・・
    気分でつけたりしよう!

  3. もにゅもにゅ より:

    かかか、かわいい。
    杖との雰囲気がマッチしてる気がする。

    キャラ+道具は面白そう!
    PSOみたいにストーリーとは別で、単発ミッションでレア道具が出るまで漁ったりハクスラしてみたいです。

  4. さば缶 より:

    おー、ありがとうです。
    最近は調子でなくて全然描いてなかったんだけど、
    また練習再開します。

    まぁキャラ+道具ごとに絵を描く予定なので結構大変そうなんですけどね!
    でもキャラ案を考えるのに比べたら楽ちんそう。
    ああそうか、なんかストーリーで固定にしようと思ってたけど、
    ランダムの方が楽しそうですねー。めもめも

  5. 肉饅 より:

    >同じキャラは2人同時に出撃不能
    って事は例えば同じフィールドにリオが二人いるとかそういう事ですか?

    キャラ+道具ごとに絵を描くならキャラにある程度、汎用性のあるポーズをとらせて、
    道具の部分だけ描き直すって感じかな?
    いや、むしろそうじゃないととても全部は描ききれないのでは、いやしかしさば缶さんならあるいは・・・

    >「実は○○の血をひいてました」みたいなのは本当に嫌い
    じゃあ逆に敵やライバルをそういうキャラにすると主人公の努力が引き立って良いと思いますよ。
    最初は全然勝てないけど努力して追いついてやるぜー、みたいな。

  6. さば より:

    説明がへたくそすぎでごめんなさい。
    いかづちのつえとりりょくのつえを持ったリオさんが別のユニットとして選択候補にあがるけれど、
    両方は選択できないみたいな。
    桃園の誓いの劉備と大徳の劉備は同じデッキに入れれませんよというやつです!

    パターン数はいまのところあんまり多くするつもりはなかったんだけど、
    なるほど、省エネにもできますねー。
    ポーズ集買ってきて練習ついでにやればいくらでもかける、
    そう思っている時期が、今です。

    自分の嫌いなパターンを敵に持ってくるのはいいですね!
    考えてきます!

  7. もにゅもにゅ より:

    ライバルもそのうち!?
    そいやブルバって敵側にライバルが居ない珍しい物語だった気がする。

  8. さば缶 より:

    まだわかんないですけど、シナリオの都合がつけば入れてみたいな。
    そろそろお話も考えていこう。
    そういえばたいていのお話にはライバルがいますね。
    ・・・シナリオがイマイチな原因のひとつだったのかも!

  9.  
コメントする