.

前回、紫が使いやすくて緑が使いにくいって書いたけど、
適当に買った本でその理由っぽいのを見つけました。

問題は背景の色で、さば缶はたいてい真っ白な背景で描いてるんだけど、
背景が白だと、黄色、黄橙、黄緑あたりが目立たなくて、紫、青紫、赤紫が目立つそうな。
きっとこれが原因だ!

背景が黒になるとこれが逆転して、黄色が超目立つ色に。
そういえば小学生の傘が黄色なのは、暗い場所でも目立つからだったなぁと思い出しました。

もしかしたら常識なのかもしれないけど、ひとつ賢くなりました。
高校の時、選択科目で美術をとっておけばよかったー。

.


設定も何も考えずに描いてみました。
やっぱり何か制服が決まってると超楽だねー。
さて、どこで特徴つけようかな。

——————-追記—————-


特に理由もなくセーターにしてみたけど、いまいちだった。
しかしセーターって制服の上に着る物なのか、下に着るものなのか。

4 件のコメント “お絵かき14”
  1. yingjie より:

    確かに、
    私は黒地に絵を描きますので黄色や緑を多用する事が多い気もします。

  2. さば缶 より:

    >yingjieさん
    いらっしゃいませー
    おお、黒地に描いてるんですか!
    どうやってるんだろう、直接色を置いていく感じなのかな。
    もしかしたら絵を描くとき、白地に描かない人も結構いるんだろうかー

    そして今日黒いタクシー見てて、ドアに書いてある字が黄色だったから、
    やっぱり意識して使ってるんだなぁと思いました。

  3. yingjie より:

    下書きをした後、上に黒地のレイヤー(透明度50位)を置いて、 
    更にその上に透明なレイヤーを作り水彩ツールなどで色を塗ります。
    主線や影など黒い所を塗らずに残します。

    所謂プラモデルのマックス塗りや油絵の応用です。

  4. さば缶 より:

    >yingjie
    おお、なるほど。
    なんか真っ黒なキャンバスに、下書きなく描いていくようなのを想像していました。
    黒い所を塗らずに残すって面白そうだ!
    マックス塗りって初めてきく単語でしたが、検索してみました。
    プラモデルの技を知れて得した気分。
    今度黒地のレイヤーを試してみます

  5.  
コメントする